ワークスうしぶせ

ワークスうしぶせ外観

授産作業を中心に、地域生活を送る上で必要なさまざまな支援を実施し、社会自立を促進します。

設立 昭和56年4月1日   
定員 施設入所支援40人 就労移行支援30人
   就労継続支援B型10人
TEL 055-923-7908 
FAX 055-923-7918
E-mail ushibuse@a-taiyou.jp

 

1.職業自立支援

就労による社会自立を目標に、企業に近い形態で各種授産作業を行っています。
労働習慣の確立と技能の習得を目指し、支援しています。

組立班
企業からの受注作業として箱折りやシール貼り等、様々な仕事を行っています。

箱折り

組立作業

施設外作業
受注企業の協力をいただき、実際の就労を肌で感じる企業内授産を行っています。

特別養護老人ホームでの清掃作業とヘルパー補助業務 プラスティック部品の組立
特別養護老人ホームでの
清掃作業とヘルパー補助業務
プラスティック部品の組立

 

介護職員初任者研修
あまぎ学園でビルメンテナンスの専門技術を身につけた利用者を対象に介護職員初任者研修を実施し、社会参加、就労に活かします。

企業見学、企業実習、就労支援
新入生を対象とした企業見学を実施するほか、就職を希望する方を対象に、「職業活動説明会」、「ハローワークとの面接」を実施して、職場の開拓を行っています。


2.生活自立支援

10人単位の4ユニットに分かれ、ユニット単位での自治会活動により、食事、掃除、入浴等の生活を主体的に行うことで、自立した生活に向けて生活習慣の確立を支援します。

少人数でゆったりと

少人数でゆったりと


3.文化・余暇・体育活動の支援

文化・体育活動を通して生活の質および体力の向上を図ります。

自治会活動
利用者が主体となり、日常生活の問題解決や行事の立案・実施等を自分たちで考え、選択し、実行しています。

クラブ活動
スポーツ、料理、映画などの趣味の世界を広げます。

体育(障害者スポーツ参加)
障害者スポーツ大会への参加を促進しています。


4.施設行事

退所後の社会生活を安全で楽しい生活にするための行事を実施しています。

運動会

もちつき大会